インラケッチ webショップ 【自然派生活のサポートハウス】

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

店長コーナー

店長&看板犬見習いの琉生です


インラケッチへようこそ!!!

インラケッチとは・・・
マヤ語で
【私はあなた、あなたは私】

という意味です。
主に挨拶として使われ、
初対面の人にも、
気の合わない人にも、
人だけでなく
動物や自然界に対しても使われます。
“全ては繋がっている”
ことを熟知している
マヤならではの言葉です。

【送料は全国一律300円】です☆
お買い物合計金額5千円以上で送料無料になります♪

決済方法も、代引きや振込み、
クレジットカードなどいろいろご用意しています。
Yahooウォレットやポイントも使えますよ◎

店長日記はこちら

モバイル

Feed

エクストラヴァージンオリーブオイル 500cc

◇愛情込めて丁寧に育てられているから味・香り豊か◇

「ガリラヤのシンディアナ」のエクストラヴァージン・オリーブオイルは、
農薬も化学肥料も使っていない畑の地元種スーリのオリーブだけを一粒一粒手摘みしています。
手作業なのは、大事に育てたオリーブを傷つけないためです。

畑ごとに収穫されたオリーブはすぐ工場に運ばれ、低温圧搾でオイルになります。
農家ごとにオリーブオイルにし、ブレンドはしません。
搾りかすは燃料やたい肥にリサイクルされます。
オイルの圧搾後も一切の混ぜ物をしていません。

また、オリーブを搾るとオリーブの成分(タンパク質)が白く見えるので、
透明感を出すためにフィルターでろ過するのが一般的ですが、「シンディア ナ」では
風味と微量成分などの栄養を残すために、フィルターを使わず(ノンフィルター)、
細かい搾りかすが沈澱するまで数カ月間タンクで休ませてから出荷 しています。


◇天然果汁100%のヴァージンオリーブオイル◇

植物油のほとんどは化学溶剤でオイルを抽出していますが、
パレスチナオリーブのヴァージンオリーブオイルは天然果汁100%です。

特に「ガリラヤのシンディアナ」で 作られているエクストラヴァージン・オリーブオイルは
じっくり低温圧搾で抽出された一番搾りのオイルなので、味や香りはもちろん
栄養も損なわれずに残っています。
香りはまろやか。
触感もサラッとしているので、パンやサラダにそのままかけるのはもちろん、
パスタや炒めものにもたっぷりお使いいただけます。


◇パレスチナのオリーブ◇

オリーブは紀元前6千年頃から東地中海地域で栽培され、
食物、ランプの燃料、薬用、美容等に多く使われてきました。
多くの家庭で代々伝えられるオリーブの木があり、日常生活に根ざしています。

オリーブの樹の寿命は長く、エルサレムには推定樹齢1000年を超えるといわれる大樹があります。
一般に樹齢4-5年で実をつけ始め、花期は5月から6月、収穫10月末から12月始めです。
収穫は、1年おきに収穫量の多い年と少ない年を繰り返します。
パレスチナにおいては、収穫量のよい年は1ドゥナムで250kgのオリーブの実が収穫でき、
オリーブの実の重さの25-30%からオリーブ油ができます。
つまり、1ドゥナムあたり60-75kgのオリーブ油ができることになります。
潅漑すれば収穫量は増加しますが、難しい状況です。
イスラエル国内及びパレスチナ暫定自治区では水の分配がユダヤ部門に著しく偏って管理されているため、
パレスチナ部門の潅漑率は、農業全体で3%程度に過ぎません。
このため、比較的乾燥に強いオリーブは雨期の雨だけに頼って栽培されています。

また、オリーブの木は、永続性や土地とのつながりを象徴するものです。
イスラエルによる畑の破壊や土地の収奪に抵抗するために、オリーブの木を植樹することもあります。
植樹によって、実際に土地と生活を守り、また政治的なアピールもするのです。


◇「ガリラヤのシンディアナ」について◇

「ガリラヤのシンディアナ」は、 パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル)
を中心に活動する生産者団体であり、高品質なオリーブオイルなどを生産し国内外に販売しています。
1996年に、HPH(後述)の農業部門として発足し、その後、一つの組織として独立しました。
農家がオリーブ栽培を 発展させること、生産意欲と収入を高めること、
女性の仕事を作ることを目的としています。
2003年、IFAT(国際オルタナティブ・トレード組織連盟) へ加盟しました。

また、ナーブルス(ヨルダン川西岸地区)で作られている高品質のオリーブ石けんを海外に紹介、
販売してパレスチナ自治区の産業も支援しています。


販売価格 2,005円(内税)