インラケッチ webショップ 【自然派生活のサポートハウス】

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

店長コーナー

店長&看板犬見習いの琉生です


インラケッチへようこそ!!!

インラケッチとは・・・
マヤ語で
【私はあなた、あなたは私】

という意味です。
主に挨拶として使われ、
初対面の人にも、
気の合わない人にも、
人だけでなく
動物や自然界に対しても使われます。
“全ては繋がっている”
ことを熟知している
マヤならではの言葉です。

【送料は全国一律300円】です☆
お買い物合計金額5千円以上で送料無料になります♪

決済方法も、代引きや振込み、
クレジットカードなどいろいろご用意しています。
Yahooウォレットやポイントも使えますよ◎

店長日記はこちら

モバイル

Feed

菊花せんこう 30巻入り

◆◆美月店長のひとこと◆◆
我が家では、何年も前から愛用しています。
市販の合成殺虫製品と違い、空気を汚さない
ので、ノドを痛めることがありません。
殺虫成分は入っていないため、蚊は
落としませんが、部屋の中に入ってこない
よう、“バリア”を張ります☆
赤ちゃんやペットのいるお部屋でも
安心して使えます♪


【製品の特徴】
・主原料は中国原産植物で除虫草と呼ばれ、
現地では昔より蚊遣りとして使われている
ものであり、忌避効果があると同時に、
アロマテラピーの癒し効果があり芳香性にも
優れた植物です。
また、除虫菊の粉末には、さらに強力な忌避力
がありながら、人にはやさしい線香です。
・合成ピレスロイド系殺虫成分アレスリンなど
不安な農薬類を添加していない、植物原料のみ
の製品です。
・合成着色や染色剤など使用していないので、
緑色ではなく植物粉末の原料色のままです。
植物の収穫時期や乾燥・粉末状態により
色合いが違いますが、商品に影響はありません。

○製造元蠅蠅鵑夕劵灰瓮鵐函

<はじめに>

この無添加のお線香については、一般概論としてよりも、
固有なお話として発展できるようにと、下記のように記述を試みました。

商品には誕生するまでに物語が有り、その時代を反映して社会に浸透
していきますが、開発の目的意識がはっきりし過ぎると、
今までの常識から外れる可能性を持っています。

完全分業による産業システムではなく、お線香の原料になる植物の
栽培から製造・販売までに一貫した責任を負ってみると、
その間に感じた社会の矛盾などが伝わってきます。
そこの所を以後の記述からは、何となく感じ取って頂けるように
工夫しましたので、商品購入のから使用した後の感触などで、
いろいろな想いを汲み取って頂けたらと思います。
製造、販売、消費の各分野への責任体制をはっきりさせた商品は、
未来へ矛盾を放置しないのではないかと伝えたいのです。

<消費者の意識>

健康的な生活環境を維持している消費者の方たちは、
大量製造で画一化された商品に頼らず、独自の知識や情報をもとにした
消費形態を模索します。
安全性を追求した商品の専門店経営者や、会員制の消費者団体などの
組織管理者よりもさらに一歩先を行き、学習姿勢に裏付けられていて
購買する商品に難易度を高めています。

農薬や添加物の危険性を充分に認知していて、食品などには配慮を
事欠かなかった方たちが、日用生活雑貨品の添加物や原材料などにも
環境ホルモン作用物質や発ガン物質があると気が付いた事が、
その後の消費動向を大きく変えてしまうことになります。

<家庭用殺虫剤>

家庭用殺虫剤などの化学合成殺虫成分である総称ピレスロイド
(アレスリン、フタルスリン、レスメトリン、フェノトリン、プラレトリンなど)
は、神経毒性があり発ガン性も確認されています。
また、医薬品である有機リン系殺虫剤(マラチオン)や有機塩素系殺虫剤は、
農業用殺虫剤として農産物の栽培時に散布されています。
それがそのまま家庭用品に使われ、消費者本人の認識がないまま購入されていたのです。

医薬品や医薬部外品は決して安全ではなく、
安心して気軽に使用できるものではないことに気が付き始めたのです。

シックハウス症として日常生活で摂取させられる化学物質の多さと
危険性を知る中で、個人として簡単に買わないことで対処できるのが、
蚊が発生する夏場の蚊取線香などの殺虫剤でした。

しかし、薬剤使用を躊躇する反面、不快虫である蚊の駆除はしておかないと
伝染病の心配もあります。
蚊に刺されると、痒くてたまらないだけではありません。

<防虫せんこう「菊花せんこう」>

この防虫せんこう「菊花せんこう」を、
蚊取線香と言ってはいけないことになっています。

一般的に蚊取線香と表示できるのは、薬事法医薬部外品として
県知事の認可を受け、殺虫成分である合成ピレスロイドを含有
している事が前提です。
基準通りの殺虫力があり、安定して同じ製品を作れなければ、
蚊取線香とは言ってはいけないのです。

天然植物だけを原料にした場合、製品となった時に少々の
バラツキがあり、合成農薬を添加したものより殺虫力では
劣ることになるのです。
なにも蚊などを皆殺しにする必要もないと考えれば、
忌避効果だけを優先し、尚且つ合法的商品にするために
生活雑貨品とし、お部屋の防虫せんこうと分類しました。
ですから表示できる効能にも規制があり、
蚊などの衛生害虫に効果ありとは表現できません。

<天然防虫せんこうの必要性>

不快虫・衛生害虫である蚊などに対しては、
刺された時の不快さや伝染病などの被害を予防するために、
どうしても対策を立てたいと思うのは普通の気持ちです。
しかし、これだけ環境衛生に配慮できる時代になった今、
蚊を殺すだけでなく人体へも影響のある合成殺虫剤を大量に
使用し続ける必要があるでしょうか?

蚊に対してよりも、人体や環境保全に対して悪影響を持つ薬剤には
要注意し、自然が生物の共存のために与えてくれた植物から
加工したモノを使う工夫をしなければならない時が来たと思います。

<主要成分除虫菊とは>

キク科の多年草。バルカン半島原産。
日本には明治初年に渡来し、全国で栽培された。
高さ約50cm。葉は卵形で羽状に深裂する。
初夏、径約3僂稜鮨Г瞭花をつける。
全草、特に頭花に殺虫成分のピレトリンを含み、
蚊取線香や殺虫剤の原料とする。(三省堂の大辞林より)

・英名:insect flower

・科名:キク科

・学名:chrysanthemum cinerariaefolium visiani

・種類:工芸作物(殺虫薬用)

・主な栽培地:ケニア(最近はタンザニア産もある)

<除虫菊成分の安全性>

白花除虫菊の花部に含有している有効成分名はピレトリンで、
ピレトリンは6種類の化合物が混在している天然品です。

この除虫菊成分天然品ピレトリンは、昆虫に対し速攻的な
殺虫効果がありながら、温血動物(人間・動物など)の体内では
速やかに解毒されます。
さらに、昆虫には抗体をつくらせない特徴を持っている唯一の植物です。

<大学の研究機関によれば>

エストロゲンスクリーングテストの開発者ソトの論文
および衛生学での実験では、これに関してピレトリンは
陰性であると報告を受けています。

<「菊花せんこう」成分>

自社で着手した採集と栽培地の除虫草紛末(中国産)・
除虫菊粉末(中国産)・除虫菊粕粉・木紛(国産)・
タブ粉(国産)・食用澱粉(国産)が原材料です。
合成殺虫剤や緑色着色剤など一切添加していません。

蚊に対する忌避効果は、アカイエカの吸血率を公共検査機関で実験し、
そのデータをもとに製品化しました。

製造工程は、原料計量、混合、ねり合せ、押出し、打抜き、
乾燥、包装、検品、出荷となっています。


<主成分除虫草の説明>

4000年の歴史を持つ中国では、人々が生命維持のため
自然界から恩恵を受ける知恵を持っていました。

例え虫であっても有害なものは存在し得無いとの思想を持ちながら、
しかし生活空間への侵入は防ぐ工夫をしていました。
それが天然植物の除虫草です。
この除虫草とは俗称で、学術名は別に有りますし、
効能についても中国植物辞典に明記されています。

昔は普通に知られていましたが、残念なことに現在は絶滅寸前になっています。

この除虫草はごく一部の限られた地区でしか入手できず、
種を壊滅させないために保護策が必要であると考えています。

<「菊花せんこう」への想い>

蚊取線香と呼びたくない理由に、この菊花せんこうへの想いがあります。
機能性だけで言えば忌避防虫効果を期待しますが、
嗜好性として私の幼少からの想いが製品の開発に強く影響を与えています。
薫炎することで煙がでるものは、信仰などで用いるお線香がありますが、
この煙や芳香が心に癒しの効果をもたらすことを上げたいのです。
その昔の日常生活での衛生状態を想像すれば、
この信仰で欠かすことができなかったのが、
殺菌・防虫効果のある薫炎だったと思われます。
信仰による精神作用と衛生効果が一体化した儀式の中心に、
お線香があったのではないでしょうか。

製品の開発や販売に、個人的な思想を充分に反映させたものが
あっても良い筈です。

<終わりに>

これ以上生活環境を悪化させないため私たちに託された責任として、
有害かも知れないと推測できる事柄には、毅然とした態度で立ち向うことが大切です。
製造、販売、消費は同時に進行し責任を追及されます。
作ってはいけない、売ってはいけない、買ってはいけないものは
何なのかを考え続けて行きたいと思います。


2001年 株式会社りんねしゃ 飯尾純市

販売価格 1,015円(内税)

この商品を買った人はこんな商品も買っています